状況を考えて工事を

どちらがいいかは価値観や状況で決まる

リフォームと似たものに建て替えがあります。リフォームと建て替えはどちらも住宅を新しくるという点で酷似していますが、その両方の明確な違いがあるとすれば、それは0から造るかそれとも一部分だけは残して造り直すかの違いです。どちらを選んだらいいかはその住人の価値観やその立場や状況によって変わってくるのです。例えば、将来的に住宅に対してあまりお金をかけたくない場合は、リフォームのほうが優れていると言えます。全面リフォームの場合であれば建て替えのほうが費用が安くなることはありますが、部分的に行うのであればリフォームのほうが優勢です。また、引っ越しをしないで新しくしたいという場合もリフォームに分があると言えます。

建て替えをする場合について

では、耐震性に問題がある場合はどうでしょうか。耐震性に問題がある場合というのは、その躯体に問題があることが多いのです。特に1971年より前に建てられた住宅に関しては現在の耐震基準を満たしていないことが多く、直下型の震度7の地震が来た時にはかなりの確率で倒壊してしまうことは、阪神淡路大震災の例を見ればわかるはずです。その場合は、リフォームを行うよりも躯体からすべて新しいものに変える建て替えのほうが優れていると言えます。また、部屋のあらゆる部分が気に入らなくなった場合にはリフォームよりも建て替えのほうが安くなります。また、建物が古い場合には、よほどしっかりとした躯体でない限り、リフォームをして長持ちさせるよりも建て替えをしたほうが良いでしょう。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com