注意することは?

ガラス修理の時の危険

ガラスを割ってしまった際、注意したいのがガラス片の処理のしかたです。特に小さいお子さんがいる家庭ではこういった事故が起こりやすく、うっかり破片を踏んだり触ってしまったりして怪我をしてしまうことがあります。また事故だけでなく窃盗被害に遭遇した時にも、建物の窓ガラスを割られてしまう場合がよくみられます。こういった被害に遭うのは一般的な板ガラスをはめ込んだ窓枠を使用しているケースが多く、なんの対策も施されていないこういった窓ガラスでは防犯面でも防災対策でも不安が残ります。ガラス修理や交換はなかなか機会がなければできないものですが、今後の家族と自分の安全のことを考えるなら、ガラス修理の時に何らかの安全対策をとっておく必要はあると思います。

窓ガラスを割れにくくする対策あれこれ

防犯、防災、飛散対策用の窓ガラスは複数販売されているので、状況に合わせて必要な機能を持った商品を選ぶといいでしょう。窓ガラスには強化ガラスやワイヤー入りのものといった割れにくい加工が施されたものや、防熱ガラスといった熱に強いタイプもあります。他にもすりガラスも建物の内部が見えにくいということで防犯に一役買ってくれるタイプのガラスです。ガラス修理や交換の際には、こういった特殊な機能を備えたガラスを導入するというのもひとつの方法です。さらにそれ以外でも、飛散防止フィルムやガラスコーティングの加工をしてガラスの強度を上げる方法もあります。ガラス修理をする際に同時にこういった処理を施せば、よりガラスの強度を上げることもできさらに安心して生活ができるようになるはずです。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com